久根 遥稀

久根 遥稀
長野県松本工業高等学校卒業
2016年入社
工事3部

誰からも頼られる存在になること

僕の理想は「頼りがいのある人」。
でも今の自分ではまだまだどころか、到底なれそうにない目標です。
ただ所属している工事3部には経験豊かな先輩がたくさんいて、わからないことを尋ねればきちんとわかるまで丁寧に教えてくれる。
腕を磨くには最高の環境にあるので、どんどんスキルアップしてやろうと思っています。

もともと工具を使ったものづくりに興味があって松本工業高校機械科に進学、旋盤や溶接の基礎技術を学びました。高校卒業後には製造業に就きましたが、自分で動いて最後まで見届ける仕事がしたいという思いが募り、ルピナに転職。
ルピナを選んだのは、自分のやりたいことが出来そうだったことと、会社見学をした時の雰囲気がよかったから。実際、入社後はわからないこともたくさんありましたが、作業工程をひとつひとつ学び先輩たちからサポートを受けながら仕事をクリアしています。

▲久根愛用のスケール。現場の必需品
▼パイプソーとパイプレンチ

やっぱり「頼りがいのある人」って、基本的に落ち着いて仕事を進めることができる人だと思います。日に何度も叱られている僕ですが、いずれは「あいつに任せれば大丈夫!」と思われるような存在になりたい。
そのためにはお客様からの要望を正確に伺い、どんなことで困っているのか、どうしたら最短ルートで解決できるかイメージできるよう、もっともっと訓練を重ねていきたいと思っています。

僕自身、お客様の「困った!」ことに対して、自分で部品を選び自分の手で解決できるとかなり達成感があります。困っていらっしゃったお客様の顔が「よかった!」に変わる瞬間を見ることは、本当に嬉しいです。

入社して以来、修得した資格は2級配管技能士と2級管工事施工管理技士と給水装置工事主任技術者の3つです。資格を持っていることでお客様にも安心していただけますし、なにより自分の自信につながる。
だから2019年は2級土木施工管理技士の資格修得に挑戦します。
学科の難しさもさることながら、実地試験は合格率30%の難関です。でも僕は絶対一発で合格したい。仕事と試験勉強の両立をやるしかない、と思っています。

仕事はもちろん、どんなことにおいても事前にちゃんと調べて準備をするのは大切です。
だから就職活動もいろいろ情報を調べることが重要だと思います。
でも最後の最後に決めるのは自分。
実際に会社訪問等を通じて、判断材料を増やしていけば自然に「働きたい場所」は見つかるはずです。