4年連続、健康経営優良法人認定!
2021年は「ブライト500」も同時認定!!

健康経営優良法人認定制度とは…

経済産業省が実施し、日本健康会議が認定している制度です。
地域の健康課題に即した取組や、企業が個人が進める健康増進をもとに 特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業を顕彰しています。
従業員の健康管理を経営的な視点で捉え戦略的に取り組んでいる法人を求職者や関連企業、金融機関等から社会的に評価を受けることができるように設置されました。5回目となる2021年度は大規模法人部門には1795法人が、中小企業部門には7937法人が認定されています。
また今回より新たに大規模法人部門の「ホワイト500」同様、中小企業部門では上位法人に「ブライト500」の冠を付加することになりました。
ルピナ中部工業は松本市と協力し、独自の健康プログラムを立ち上げ社員ひとり一人が自分のペースで健康増進に取り組んでいます。
2021年も中小企業部門で認定され、さらに「ブライト500」の認定も付加されました。

certification

LUPINE PLAN 2021
~自分らしく、健康な身体でいきいきと働くために~

B_F-volleyball

2019年末に始まり、いまだ衰えることのないコロナ禍のなか私たちも目に見えない敵を前に不安や焦燥感が募る日々を過ごしています。
終わりのみえない戦いが知らず知らずのうちにストレス過重になっているかもしれません。
ただそのような緊張を強いられるなかでも、換気・消毒・距離をとることを念頭にルピナなりに工夫を重ねて「健康プログラム」に取り組んできました。制限があるなかでも距離をとることができる卓球やフラバールバレー、屋外でのウォーキング・サッカー等のスポーツを実施することで、社員同士が「…運動して疲れた、でも楽しかった!」という思いを共有することができています。

2021年もさらに感染防止対策を強化するのはもちろん、必要な情報を的確に把握することを怠らず、社員全員が元気になれるような健康プログラム導入に積極的に取り組んでいきます。